韓国人に教えてもらった、中国鍼「大腰筋の鍼」

私が坐骨神経痛に苦しんだ時、韓国人の友達はこのようにいいました。
「坐骨神経痛なら鍼が一番効くよ。韓国では痛みに対しては、鍼灸が一般的。病院と同じくらいの程度で扱われるよ。ただし日本では浅い鍼しかしないから、あんまり効かないというウワサが多いのも事実。本番の5cm以上も鍼をいれる中国鍼なら、もっと鍼灸の効果は痛みに対して有効なのに」

ということを話してくれました。

そのことを知っていたので、私が坐骨神経痛に悩んだ時に、日本でも中国鍼を専門としている鍼灸院にお願いしました。

こちらでは、訪問を専門としていました。
ちょうど、歩けないほど痛いし、通うのも大変だったので訪問のほうが助かりました。
がしかし、保険適応ではなく1回は5000円でした。

さっそく、中国鍼治療が始まりました。
私は今までに、鍼灸治療を日本では受けたことありますが、中国鍼は一味違います。
日本ではツンツンとして終わる感じですが、中国鍼だと深く入れていくので、ズシーンという感覚が腰から坐骨神経にかけて走ります。

日本では、鍼をたくさん打ってくれません。
がしかし、中国鍼なら1回の治療で30本くらいはザラに打ってくれます。

私の腰からお尻にかけて、40本ほど打ってもらいました。

みなさんが思っているよりかは、痛くはないと思いますが、鍼独特のズシーンという感じはたくさんありました。
先生によるとこれが効いている証拠なのだとか。
そのまま20分間鍼を置いたあとに、少しマッサージをしてもらいました。

鍼を抜いたら、「ちょっと歩いてみて」と言われて歩いたら、痛みがかなり軽減していました。
でも、「まだこのあたりが痛い」というと、先生が「よし、じゃあもう1回寝て」といって、痛いところを集中してやってくれたのです。

10分したら鍼を抜いてまた軽くマッサージしてくれました。
また歩いてみたら、さっきよりもさらにマシでした。

先生は「もし、痛かったらまた来ますので連絡ください」とのこと。
そこの先生はぎっくり腰も1回で治すとホームページで言ってました。

翌日
オォォー!!w(*゚ロ゚*)w
お尻が痛くない!
すごい!
私の今までの鍼灸整骨院めぐりは何だったのか?と思うほどでした。
やはり本場中国の鍼が効くのですね。

先生が教えてくれたのですが、日本での鍼は「痛くない・安全」を重視するあまり、あまり刺さないのが主流になっていったそうです。
がしかし、症状が奥深くにある場合は、いくら表面に鍼をしてても、まったく良くならないので、そのような場合は中国鍼をやっている鍼灸を受けたほうがいいとのことでした。

私も今回大腰筋刺鍼というのを受けさせてもらいましたが、腰痛がなかなか治らない人は、この大腰筋が悪いみたいです。
私のように、鍼灸整骨院めぐりをしている人は、中国鍼をしてくれるところ(中国鍼といってもいろいろある。深く刺してくれる鍼灸院を探すのが良い)を検索してみてはいかがでしょうか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *