韓国人に教えてもらった、中国鍼「大腰筋の鍼」

私が坐骨神経痛に苦しんだ時、韓国人の友達はこのようにいいました。
「坐骨神経痛なら鍼が一番効くよ。韓国では痛みに対しては、鍼灸が一般的。病院と同じくらいの程度で扱われるよ。ただし日本では浅い鍼しかしないから、あんまり効かないというウワサが多いのも事実。本番の5cm以上も鍼をいれる中国鍼なら、もっと鍼灸の効果は痛みに対して有効なのに」

ということを話してくれました。

そのことを知っていたので、私が坐骨神経痛に悩んだ時に、日本でも中国鍼を専門としている鍼灸院にお願いしました。

こちらでは、訪問を専門としていました。
ちょうど、歩けないほど痛いし、通うのも大変だったので訪問のほうが助かりました。
がしかし、保険適応ではなく1回は5000円でした。

さっそく、中国鍼治療が始まりました。
私は今までに、鍼灸治療を日本では受けたことありますが、中国鍼は一味違います。
日本ではツンツンとして終わる感じですが、中国鍼だと深く入れていくので、ズシーンという感覚が腰から坐骨神経にかけて走ります。

日本では、鍼をたくさん打ってくれません。
がしかし、中国鍼なら1回の治療で30本くらいはザラに打ってくれます。

私の腰からお尻にかけて、40本ほど打ってもらいました。

みなさんが思っているよりかは、痛くはないと思いますが、鍼独特のズシーンという感じはたくさんありました。
先生によるとこれが効いている証拠なのだとか。
そのまま20分間鍼を置いたあとに、少しマッサージをしてもらいました。

鍼を抜いたら、「ちょっと歩いてみて」と言われて歩いたら、痛みがかなり軽減していました。
でも、「まだこのあたりが痛い」というと、先生が「よし、じゃあもう1回寝て」といって、痛いところを集中してやってくれたのです。

10分したら鍼を抜いてまた軽くマッサージしてくれました。
また歩いてみたら、さっきよりもさらにマシでした。

先生は「もし、痛かったらまた来ますので連絡ください」とのこと。
そこの先生はぎっくり腰も1回で治すとホームページで言ってました。

翌日
オォォー!!w(*゚ロ゚*)w
お尻が痛くない!
すごい!
私の今までの鍼灸整骨院めぐりは何だったのか?と思うほどでした。
やはり本場中国の鍼が効くのですね。

先生が教えてくれたのですが、日本での鍼は「痛くない・安全」を重視するあまり、あまり刺さないのが主流になっていったそうです。
がしかし、症状が奥深くにある場合は、いくら表面に鍼をしてても、まったく良くならないので、そのような場合は中国鍼をやっている鍼灸を受けたほうがいいとのことでした。

私も今回大腰筋刺鍼というのを受けさせてもらいましたが、腰痛がなかなか治らない人は、この大腰筋が悪いみたいです。
私のように、鍼灸整骨院めぐりをしている人は、中国鍼をしてくれるところ(中国鍼といってもいろいろある。深く刺してくれる鍼灸院を探すのが良い)を検索してみてはいかがでしょうか?

蒲生4丁目の商店街にあった鍼灸整骨院

蒲生4丁目のあたりにも、日曜日でも開いていた鍼灸整骨院がありました。
商店街のあたりです。
こちらも、一人運営でした。
ここでは、私は鍼灸をやってもらっていました。

たしか、整骨の保険はきくけども、鍼灸をしたければ+500円のワンコイン鍼灸でしたね。

私は、そこにいけばかならず、鍼灸を追加してもらっていました。
だいたい、肩こり腰痛で、どちらも治療してもらっていましたね。

治療の流れとしては、
うつ伏せになり、腰・肩に低周波治療器をあてます。10分間です。
それが終わると、鍼を10ヶ所くらい刺します。そして、一緒にせんねん灸もしてくれます。

10分位たったら、鍼を抜いてマッサージを10分ほどしてもらい終了です。

まあ、鍼の効果もあるので、そこそこスッキリしていたと思います。

ですが、ここの鍼灸整骨院もグーグルマップで調べたら潰れてました。
やはり、鍼灸整骨院はいま経営が難しいんでしょうね。

今福西・日曜日でも開いていた整骨院

当時の仕事は、土曜日も夜遅くまで働いていたので、整骨院に行く暇がなかなかありませんでした。
ところが、今福西に日曜日でも開いている整骨院を発見したのです。

保険適応ということでさっそく、日曜日に行ってみました。

中に入ると、遠くから「次のご案内は10分後です」と言われました。
どうやら、一人で運営しているようです。

最近は一人院長が増えましたね。

従業員を雇ってやっていくのは、難しい時代なのでしょう。

待つことを了承して座って待っていたら、5分ほどしたら出てこられました。
そして、「初めてですか?それなら問診票をおかきになってください」とのことでした。

問診票には、肩こり・腰痛と書いて、さらに5分ほど待っていました。

先に入った患者さんが中から出てこられました。

さっそくベッドに案内されて、問診が始まります。
まあ、慢性的な腰痛・肩こりだったので、簡単に問診が終わりさっそくマッサージをしてもらいました。
だいたい10分ほどでしたでしょうかね。
あとは、肩こり腰痛でのアドバイスなんかもいただきました。

ここでは低周波治療器などは無く、マッサージだけだったと思います。

初診料を含み、1000円ほど支払って終了です。
ここは日曜日も開いていて、家からも近かったので、2,3回ほど通ったとおもいます。

ぎっくり腰にて今福南にある鍼灸整骨院にいった体験談

まだ、子供が1才くらいの頃の話です。
よく子供を肩車して遊んでやりました。

そしたら、腰がものすごく痛くなり、
「これはヤバイ、、、」という状態になったのです。
ちょうど、その時今福鶴見に住んでおり、そのマンションの1階が鍼灸整骨院でした。

近いので、その鍼灸整骨院に行きました。

鍼灸整骨院の中では患者は一人くらいでしたかね。
男性が一人で経営されているようでした。

中には、鍼灸師・柔道整復師・カイロプラクティックの免許が飾ってありました。

問診票を書いて、10分ぐらいで、治療ベッドに呼んでもらえました。

問診では、ぎっくり腰を起こしたことを伝えました。

そのときに受けた治療は、、、
まずは、腰のマッサージでした。
そして、お腹の大腰筋という筋肉も関係しているということで、お腹の上からマッサージを受けました。

私はお腹を人に触られるのは大嫌いなので、嫌だったのを覚えています。

その後、なんか体操のようなことをしてもらい、それでその時は終了。

初診料を含めて1000円ぐらいだったと思います。

果たして治療効果は、、、
正直あまり効果ありませんでした。

なので1回で行くのをやめました。

後日に、私の知り合いに鍼灸をしてもらい、腰痛は治すことができました。

鍼灸整骨院といっても、あまり大したことないところも多いのが現状です。

さきほど、その鍼灸整骨院をグーグルマップで調べた所、、、
潰れてました。
うーん大阪市内なので、鍼灸整骨院の激戦区とはいえ、潰れていたとは、、、

やはり、腕があまりなかったと思ったのは、私だけではなかったようですね。

ぎっくり腰で、鍼灸治療に行った体験談・樟葉大阪

当時の私は、慢性的な腰痛がありました。
職場には、自転車通勤です。
私のマンションでは、自転車を自転車スタンドに、乗せないといけません。
自転車に乗る時は、自転車スタンドから降ろさないといけません。

ある日、いつものように、自転車スタンドから自転車をおろそうとした時、腰が「うっ」っと痛みが走りました。
電気が走ったような感覚ですね。

その時は「ヤバイ」思いながらも、動くことができたので、そのまま自転車にのり、職場に到着しました。
しかし、パソコン業務を始めて、ものの5分で腰がズキズキと痛みだしたのです。
いつもと違う痛みに、私も動揺の色を隠せません。
「これはぎっくり腰だ!さっきの自転車のときになったんだ!」直感でそのように感じました。
どうにも腰が痛むので、私は、その日は仕事を休ませてもらうようにして、一度自宅に帰りました。
家に帰った私は、パソコンで近所の鍼灸院を探しました。
整骨院よりも、鍼灸院のほうが、一発でぎっくり腰を治してくれるというイメージがあったからです。

めぼしいところを頭に入れて、さっそく電話しました。
一軒目は、予約がいっぱいとのことで、あえなく断念。
2軒めは、すぐにでも行けるとのことで、また自転車にのって行きました。
不思議と自転車には乗れます。
15分ほどかけて鍼灸院に到着
その鍼灸院は、自宅の一部を改装した鍼灸院でした。

鍼灸院に入るなり、すぐ横の部屋に移動します。
院長らしき人が問診をしてくれました。
どうやら一人院長のようです。
問診は5分ほどであっさりしたものでした。

服を脱いで、うつ伏せになりました。
腰や足、背中など全体的に鍼をしてもらいます。
せんねん灸もしてくれました。
鍼は10分ほど置いてくれたと思います。
次も、上むきになり、足やお腹に鍼・灸を受けます。
これも10分ほど置いてくれたと思います。
そして、マッサージはありませんでしたね。
だいたい1時間ほどの鍼灸治療でした。

鍼治療をうけてすぐは、7割くらいまで軽減した感じでしょうか、、、
ただ、次の日も同じような状態で、あまりハッキリとした効果は感じられませんでした。
それいらい、そこの鍼灸院には行っていません。

ぎっくり腰ですが、自分でストレッチなどをして、じょじょに回復していった感じです。

お灸がメインの鍼灸院で腰痛の治療

40代女性です。
慢性腰痛があり、鍼灸院に行くことにしました。

パソコンを使う仕事で、1日中椅子に座っていることが多いです。
腰痛がひどい状態だと、椅子に座って1時間もすれば、腰がだる重くなってきます・
当然、仕事はまだまだ続くので、「痛いな、、、」と思い、我慢しながらのパソコン作業が続きます。

そのような状況で、近所にある鍼灸院に行きました
(大阪府)

外観は、一軒家のいち部分を鍼灸院に改装した鍼灸院です。
自宅にお邪魔するような感覚で、玄関を入りました。

すると、現れたのは50代ほどの男性で、どうやら一人院長のようす。
まずは、問診から始まります。

問診内容も、あっさりしているもので、5分ほどで終わった記憶があります。
まずは、服を脱いで、うつ伏せの指示があったので、ベッドに寝転びます。

そこで治療してもらったのは、お灸でした。
お灸といっても、種類がたくさんあるようですが、そこでうけたのは直のお灸。
直のお灸ではあるものの、お灸の火が、皮膚直前に到達するまえに、手で覆うとう手法。
7分灸ともいわれています。

7分灸の感想としては、一瞬、チカッと熱い気がしますが、思ったよりも熱くないという感じです。
やけどはしませんが、お灸の茶色い感じは残ります。
がしかし、1週間ほどで消えてなくなります。

腰から、足から、肩にまでお灸を数箇所おこなってもらいました。
ちなみに、肩こりも訴えたので、肩にもお灸をすえてもらってます。

時間にして50分ほど、お灸をしてもらいました。
最初はうつ伏せ、次に仰向け、最後に座ってです。

先生は、パソコン作業の疲れからくる腰痛だから、これは治りますよ。
と言ってくれました。
とくに、痛みが続かなければ、次回来なさいという説明はありませんでした。

鍼灸院ですが、鍼はその日はまったくなし。
そう言えば、なんかシャンシャンと鈴付きの、刺さない鍼をあちこちで合間にやってくれていたような気がします。
それが、鍼治療だと思います。

治療代金は5000円でした。

帰りは、歩きですが、体全体がふわっと軽くなったような感覚を受けました。
その日は、腰痛をあまり感じませんでしたが、2,3日すると、同じように腰痛は起こりました。

(。-`ω´-)ンー…、治っているとは言えないですね。
そこの鍼灸院には、1回しか行きませんでした。

鍼灸治療の体験談

大阪にある北京堂を掲げている鍼灸院に行ってまいりました。

そこを選んだ理由は、中国鍼をもちいて、よく鍼を響かせるからこそよく効くというものでした。

慢性の腰痛症の私は、北京堂について調べていく内に、すっかり北京堂を受けてみたくなったのです。
なぜなら、私は、いろんな場所の鍼灸治療を受けたことがあります。

がしかし、どこもまあ同じというか、少し楽にはなるけど、スッキリと改善しません。
なんとも1回で治った!!
ということはないんですね。

ところが北京堂ならば、ぎっくり腰であれば1回でも治る!
というではありませんか。

それなら行ってみたい!
そう思って行くことにしたのです。

問診にて
私が、北京堂の鍼を受けたいと伝えました。
私は、肩と腰の両方を受けたいといいましたが、料金と時間の都合上で、腰のみとなりました。
では、うつ伏せになりさっそく腰に鍼を受けていきます。

使い捨ての鍼を使用してくれてます。
中国鍼なので、太くで長い鍼を使用します。

腰に鍼を受けている時、さすがに「うう」と声を漏らしてしまう鍼が3本ほどありました。
鍼の数は全部で20本ほどだったと思います。

我慢できないことはないですが、私が今まで受けてきた鍼治療のなかでは一番、鍼のひびきが強いと感じました。
この鍼の響きが好きな人にはいいでしょうね。
鍼が響くほど、よく効くとも言われています。

この状態で40分間うつ伏せに寝ました。
40分寝ているのが少ししんどかったですね。

40分後、、、
鍼を抜いてもらいました。
場所によっては、鍼を抜く時もズシーンとした響きがあります。
そして、その日は鍼治療を終わりました。
料金は5千円だったと思います。

鍼の効果は、、、

完全にスッキリといくわけではなく、50%くらいマシになったかな
という感じでした。

やはり、なかなか1回でスッキリというわけにはいかないのでしょうか。
それとも、そこの鍼灸院が初めてということで、ちょっと控えめにして様子を見たのでしょうか。

真相のほどはわかりませんが、
これが私が北京堂という鍼灸治療をうけた体験談です。
ちなみに、お灸はそこは、していませんでした。
遠赤外線で温めていたように思います。